シェービング

髭剃りでニキビができる3つの原因!カミソリ負けしない肌を作る5つの方法を紹介

髭剃りニキビ

「髭剃りをするたびにニキビができてしまう」「ニキビがあるから髭剃りがやりにくい」そんな悩みを抱えている男性も多いのではないでしょうか。

もしかしたら、あなたの間違った髭剃りの習慣が、ニキビや肌荒れの原因となっているかもしれません

そこで今回は、

  • 髭剃り後にできるニキビの正体
  • 髭剃りでニキビができる3つの原因
  • 髭剃りでニキビができないようになる5つの方法

についてまとめました。髭剃り後にニキビができる原因を知ることで、ニキビの発生を防ぐことができますよ

最後まで読んで、ニキビのないキレイな肌を手に入れましょう!

ニキビじゃない?髭剃りの後にできるニキビの正体とは

ニキビじゃない?髭剃りの後にできるニキビの正体とは

髭剃りでニキビができてしまって困っている、という男性も多いです。

しかし、髭剃り後のニキビのほとんどは尋常性毛瘡と呼ばれるものです。そのため、どれだけニキビケアをしても、ほとんど効果は無いのです。

また、髭剃り後の肌荒れを防ぐためには尋常性毛瘡がなぜ発生するのかを知る必要があります。

以下で、尋常性毛瘡とは何かと発生を防ぐ方法について解説いていくので、まずは肌が荒れる原因について理解しましょう。

ニキビではなく尋常性毛瘡がほとんど

尋常性毛瘡とは、黄色ブドウ球菌・表皮ブドウ球菌と呼ばれる細菌が原因で肌に炎症を起こす肌荒れの一種

顔にできる赤い炎症は、全て「ニキビ」と思われがちですが、実は、そのほとんどが尋常性毛瘡と呼ばれるものです。髭剃りで傷ついた肌の表面から黄色ブドウ球菌・表皮ブドウ球菌が侵入し、炎症を引き起こします。

炎症がひどくなると、膿んだり、広い範囲に広がってしまう可能性もあります。尋常性毛瘡が発生した場合には、髭剃りで傷つけないように注意しましょう。

また、尋常性毛瘡を防ぐためには、カミソリと肌を清潔にしておくことが大切。

対策としては、

  • 髭剃り後に刃を洗浄する
  • 肌に優しいカミソリ・電気シェーバーを選ぶ

などが有効です。

また、髭剃り後にスキンケアをしっかりと行うようにしましょう!

通常のニキビの場合もある

髭剃り後の肌荒れはニキビの場合もあります。

通常のニキビはアクネ菌が毛穴の中で増殖することにより炎症を起こすというもの。尋常性毛瘡とは発生する原因が肌なのか毛穴のかという点で異なります。

また、ニキビの原因であるアクネ菌は毛穴の皮脂が過剰分泌された時に発生しやすくなります。そのため、髭剃り後の肌を保湿をせずに放置すると、肌が過剰に皮脂を分泌し、ニキビができることがあります

この時発生するニキビはカミソリ直後ではなく、しばらく経った後にできるのが特徴です。

ただ、多くの男性が悩んでいる髭剃りでニキビができるというのは尋常性毛瘡のことなので、以降でお伝えする「ニキビ」は、尋常性毛瘡のことを意味しています。

博士(編集長)
博士(編集長)
尋常性毛瘡とニキビは原因が異なるぞ!尋常性毛瘡は黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌。ニキビはアクネ菌が原因で発症するんじゃ!

髭剃りで「ニキビ」ができる3つの原因

髭剃りで「ニキビ」ができる3つの原因


髭剃りでニキビなどの肌荒れを防ぐためには、まずは原因を知っておきましょう!

髭剃りでニキビができる大きな原因は主に、以下の3つになります。

  • 肌の乾燥
  • シェーバーの汚れ
  • 肌のケアをしていない

それぞれ詳しく見て行きましょう。

原因①髭剃りによる肌の乾燥

髭剃りをする際、肌を傷つけないための準備をしていますか?

髭剃りをすると少なからず肌を傷つけています。また、シェービングフォームをつけずに髭剃りをしてしまうと、肌の角質層まで削ってしまい、乾燥しやすい状態になってしまいます。肌を刺激から守る水分まで失われてしまうため、菌から肌を守る保護機能が著しく低下してしまっているのです。

そのため、髭を剃る前にカミソリや肌を清潔にしていないと、細菌が肌の中に入り込んでしまい、ニキビや肌荒れを起こしてしまうのです。

また、肌が乾燥したまま放置していると、水分を補おうとして皮脂が大量に分泌されます。
皮脂が急激に増えていくと毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖するため、ニキビを引き起こす直接的な原因になってしまうのです。

肌というのは非常に繊細なもので、なんでもないように見えても、傷ついている場合も多くあります。

そのため、肌荒れをしていなくても髭剃りをする際にはシェービング剤をつける。髭剃りの後にはアフターケアを行い、常に潤いのある状態をキープするようにしましょう!

【参考】肌荒れせずに髭剃りするコツを紹介!

髭の逆剃りに潜む2つのリスク!正しい手順でキレイな肌を手に入れよう濃い髭を目立たなくしたいと思うと、深剃りするためにどうしても逆剃りしてしまいますよね。確かに、濃い髭であっても逆剃りするとキレイに剃るこ...

原因②シェーバーの汚れ

髭剃りで「ニキビ」ができる3つの原因

多くの人が、髭剃りをした後のシェーバーをそのまま放置しているのではないでしょうか?

刃に皮脂やホコリが残ったまま放置していると、雑菌が繁殖しやすくなり、サビの原因にもなります。特に風呂場など、湿気の多いカビや雑菌が繁殖しやすい場所での保管は最悪。シェーバーにまで菌が繁殖してしまいます。

このような不衛生なシェーバーで髭剃りを行うと、汚れや雑菌が肌に入り込み、ニキビができやすい肌になってしまうんです。

肌は、とにかく清潔に保つことがニキビを作らない秘訣!シェーバーの汚れはかなり肌ダメージを与えます。

毛穴のに入り込んだ雑菌は、洗顔だけでは取りきれるものではないので、シェーバー常に清潔にしておきましょう!

原因③髭剃り後のケアをしていない

髭剃り後の肌は表面が削られるため、かなり敏感になっています。傷付いた状態や表皮が剥がれた状態がむき出しになっているので、当然そのままにしておけば肌は荒れていきます。

普段であれば、影響しないような外気からの刺激も途端に刺激を受けるようになるんです。

そのため、髭剃り後のアフターケアはしっかりと行いましょう。

アフターケアの方法としては、化粧水を塗った後に乳液を重ねて塗ります。化粧水だけではすぐに水分が蒸発してしまうため、逆に乾燥しやすくなってしまいます。乳液を重ねて塗ることで、化粧水の成分を肌に浸透させることができるのです。

また、めんど臭いという方には、1本で乳液・化粧水・美容液の3つの役割を果たしてくれるオールインワンケア商品がおすすめ。

手間が省けるので男性でも気軽に使い続けることができます。

髭剃りでニキビを作らない5つの方法

髭剃りでニキビを作らない5つの方法

ここまでで、肌を乾燥した状態で放置していたり、シェーバーを清潔に保っていないと、ニキビができる原因になってしまうということはご理解いただけたと思います。

ですが、きちんとした髭剃りの方法を知ることによって、さらにニキビをできにくくすることができます。

しっかりと対策をしておくことで、肌のストレスを軽減でき、ニキビによる痛みに耐える必要がなくなりますよ!

1.カミソリより電気シェーバーを使用する

髭剃りの方法として、カミソリよりも電気シェーバーを使うことがおすすめ特に、ニキビだけでなくカミソリ負けしてしまうという人は、電気シェーバーの方が肌への負担を軽減することができます。

カミソリは直接肌に触れるものなので、少なからず肌を傷つけてしまいます。そのため、肌が乾燥しやすくなり、肌荒れを起こしやすくなるのは言うまでもありません。

一方で、電気シェーバーであれば、直接刃が肌に当たらないので、肌への負担を軽減させることができます。肌への負担が少ないということは、それだけニキビができにくいということ。

これまで、カミソリしか使ったことはない方は、ぜひ試してみてください。

髭剃り後のニキビに悩まされることが格段に減りますよ!

2.ジェルタイプのシェービングフォームを使う

髭剃りでニキビを作らない5つの方法

髭剃りの際は、肌を傷つけるのを防ぐためにもシェービングフォームを必ず使用しましょう。カミソリの滑りをよくしてくれるので、肌が傷つくのを防いでくれます。

また、ニキビができやすい人にはジェルタイプがおすすめです。

ジェルタイプのシェービングフォームは、通常の泡タイプより髭を柔らかくすることができ、肌を傷つけず滑らかに髭を剃ることができます。また、ジェルタイプは髭が濃い人であっても、髭を柔らかくでき、繰り返し剃る必要が無くなります。

また、シェービングの前に温めた蒸しタオルを髭に当てるのもおすすめです。

髭が水分を吸収して柔らかくなるだけでなく、肌に潤いを与え、肌をカミソリ負けしにくいコンディションにしてくれます。

【参考】おすすめのシェービングフォームを紹介!

シェービングクリーム
【2019年最新版】おすすめのシェービングクリーム12選!選び方と種類について解説毎日の髭剃りでシェービングクリームは使っていますか? シェービングクリームを使わないと、カミソリやシェーバーで肌が傷つき、肌荒れや...

3.髭剃りの後は保湿をしっかりと行う

髭剃りの後のアフターケアは習慣になっていますか?

髭剃りの後の肌はを放っておくと、肌が乾燥しやすくなるだけでなく、ニキビなどの炎症を起こしやすくなってしまいます。

そのため、肌の保湿をしっかりと行うことが大切なのです。保湿効果の高いアフターシェーブローションや化粧水、乳液を使用して肌を整えるようにしましょう。

また、保湿をする前にシェービング剤をしっかり洗い流しておくことがポイント!シェービング剤が残っていると、肌が炎症を起こし、ヒリヒリしてしまう恐れがあります。

このように、肌の保湿ケアを行うことによって、失われた肌のバリア機能を保護することができ、髭剃りによるニキビや肌荒れを防ぐことができます。

今までやっていなかったという方は、是非明日から始めましょう!

毛子(調査員)
毛子(調査員)
敏感肌の方はアルコールフリーで刺激が少ないものを選ぶようにしましょう!

4.定期的に刃を交換する

髭剃りでニキビを作らない5つの方法

髭剃りでニキビができないようにするためには、出来るだけ肌を傷つけないことが大切です。そのため、カミソリや電気シェーバーの刃は常にキレイな状態にしておきましょう。

刃を清潔で切れ味の良い状態にしておくためには保管の仕方が大切。髭剃りの後は刃を水で洗い、タオルで水分を拭き取って乾いた状態にしておきましょう。

また、お風呂で髭を剃る人も多いかと思いますが、水洗いした後そのまま放置していないでしょうか。そのうち乾くから…と思うかもしれませんが、浴室は湿度が高く、雑菌の温床となっています。

風呂場など湿気の多い場所で保管していると、カビや雑菌が繁殖するだけでなく、サビや劣化の原因となります。

錆びついて切れ味が悪くなった刃で髭を剃ると、肌荒れやカミソリ負けの原因となります。

少しでもカミソリや電気シェーバーの剃り味が悪くなったなと感じたら、刃の交換時かもしれません。

刃の交換の目安として

  • カミソリの場合は2週間に1回
  • 電気シェーバーの場合は2年に1回

の頻度で交換するようにしましょう。

このように、カミソリや電気シェーバーの切れ味を常によくしておくことで、カミソリ負けやニキビの発生を防ぐことができます。

5.どうしてもニキビができる場合は髭を永久脱毛する

いろいろ試してみたけど、髭剃りでニキビがどうしてもできてしまうという人もいます。

肌質によっては、どれだけケアをしても痛みがあるという人もいるので、そのような場合は髭を永久脱毛してしまうというのも1つの手です。

永久脱毛は肌が荒れそうなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、汚くなるどころか綺麗になり、見た目が若々しくなります。

自分なりに頑張ってもどうすることもできずに悩むより、いっそのこと永久脱毛してしまってください。

以前であれば高価な印象があった永久脱毛ですが、現在ではメンズ専門店や低価格で脱毛できるクリニックもあります。

ほとんどのクリニックは無料でカウンセリングを行なっているので、まずはプロの方に相談してみると良いでしょう。

【参考】ヒゲ脱毛におすすめのクリニック&サロンを徹底調査!

まとめ:シェービング後の肌のケアは欠かさずに!

髭剃りでニキビができる原因や自分でできる対策方法をご紹介しました。

髭剃り後のニキビは、肌が傷付いたことによって細菌が毛穴に入ることで発生する、尋常性毛瘡の場合がほとんど。

そのため、シェービング後の肌ケアやカミソリ・電気シェーバーのメンテナンスをしっかり行い、肌をいたわりながら髭剃りをしてください。

もし、どうしても肌荒れが治らないという場合には、思い切って永久脱毛するのも1つの方法ですよ!

参考リンク

深剃りしようとすると、どうしても肌を傷つけてしまいますよね。

以下の記事では、肌を傷つけずに深剃りする方法と、深剃りにおすすめのカミソリ&電気シェーバーを紹介しています。

毎日のヒゲ剃りで肌がボロボロ…という方は是非参考にしてくださいね!

髭剃り 深剃り
肌荒れせずに深剃りしたいならコレ!肌に優しい深剃りの手順とおすすめの電気シェーバー・カミソリを紹介サラリーマンの多くは、清潔感を出すために、毎朝入念に髭剃りをしているのではないでしょうか。 しかし、うまく深剃りできなくて夕方にな...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です